Firefox Quantumに対応したSession Manager代替アドオン「Tab Session Manager」

Session ManagerのWebExtensions版でFirefox 57以降も使えるFirefoxアドオン「Tab Session Manager」のご紹介です。

スポンサーリンク

Tab Session Managerとは?

Tab Session Managerは、その名の通りセッション管理を行うFirefoxアドオンです。

定番アドオン「Session Manager」の代替・後継となるアドオンで、タブやウィンドウといったセッションを自由に管理することができます。

Session Managerに比べ機能は少なめですが、セッションの自動保存やユーザによる自由なセッション管理機能は健在です。またWebExtensionsベースで開発されているため、WebExtensions必須となるFirefox 57以降も使用することができます。

Tab Session Managerの特徴・機能

  • Firefox Quantum対応
  • WebExtensionsベース
  • 日本語対応
  • セッションの自動保存機能
  • ウィンドウを閉じた際の自動保存機能
  • セッションを新しいウィンドウで開く機能
  • セッション保存間隔の変更可能
  • セッション名の設定可能

インストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式サイト)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
  2. 追加(A)をクリック
  3. OK(O)をクリックしたら完了です。

Tab Session Managerの使い方

メニューバーに追加されたアイコンから各種操作を行います。

右下にある [保存] をクリックすると現在のセッションが保存されます。

セッションに名前をつける場合は、その横に名前を入力して保存をクリックします。

例:ハルパス

自動保存された場合は「Auto Saved」という名前で保存されます。

自動保存間隔は右上の歯車からオプションを開くことで設定できます。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です