Language Managerで日本語化ファイルの更新が出来ない場合の対処法

Cyberfoxの日本語化に便利なFirefoxアドオン「Language Manager」の日本語化ファイルの更新が出来ない場合の対処法

スポンサーリンク

状況

Cyberfoxのアップデートに伴い、日本語化ファイルをアップデートしようとしたところ、以下のようなエラーが表示されてアップデートに失敗する。

oops i did it again!

HTTP 応答に失敗しました。URL が存在しないか、利用できないかもしれません。b

[OK]


情報と対処法

Cyberfox 51.0.2 から、日本語化ファイルが標準搭載されるようになり、言語ファイルがダウンロードできなくなりました。

そのため、Language Managerをご使用中の方はLanguage Managerのアンインストールが必要です。

アンインストール方法などを次のページでご紹介しています。

Cyberfoxが日本語化不要に。Language Managerは削除が必要 | ハルパス

以下、同じエラーが発生した場合のメモ

何らかの原因で日本語化ファイルの取得に失敗している。と考えられます。

サーバ側に問題がない状態(手動でダウンロード可能)でも発生するため、ユーザ側の不具合の可能性があります。

対処法としては、一度言語ファイルを削除し、再度ダウンロードすることで解決します。

言語ファイルの削除と再インストール方法

  1. Language Managerの設定ページにアクセス。日本語化ファイルの上で右クリック → 「パックを削除」を選択
  2. Select Languageをクリックして、「ja(Japanese)」を選択
  3. [Install] をクリック
  4. [OK] をクリック
  5. [Finished] をクリック
  6. 再起動しても良いですか?と聞かれるので [OK] をクリック
  7. 以上で完了です。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です