【Firefox】ワンクリックでページをPDFとして保存できる「WebToPDF」

ワンクリックでウェブページをPDFファイルや画像ファイルとして保存できるFirefoxアドオン「WebToPDF」のご紹介です。

mozilla-firefox-logo

スポンサーリンク

WebToPDFとは?

WebToPDFは、ウェブページをPDFファイルとして保存することができるFirefoxアドオンです。

右クリックメニューに表示される「Save as PDF」を選択するだけで、表示しているページを一つのPDFファイルとして保存することができます。

一部分だけを作成するといった細かな動作はできませんが、簡単に使え、日本語の環境でも問題なく動作します。

また、ページを一つの画像として保存する機能も備わっています。


WebToPDFのインストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式サイト)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
    WebToPDF (1)
  2. インストール(I)をクリック
    WebToPDF (2)
  3. 今すぐ再起動(R)をクリックして、Firefoxを再起動したらインストールは完了です。
    WebToPDF (3)

WebToPDFの使い方

?WebToPDFの使い方は最初に紹介した通り、右クリックメニューの「Save as PDF」を選択するだけです。

基本的な手順

手順としては、PDFファイルとして保存したいページで、右クリック。

WebToPDF(W)」 → 「Save as PDF(P)」を選択

WebToPDF (4)

OKをクリック

WebToPDF (5)

PDFファイルがコンピュータに保存されます。

WebToPDF (6)

その他の選択肢

WebToPDFでは、PDFファイルとして保存する「Save as PDF」の他に、画像(jpg)ファイルとして保存する「Save as Image」、マウスで選択した部分を保存する「Selected Text to xxx」を選択することができます。

Selected Text to xxxは、文字通り選択した部分のテキストだけを保存する機能で、画像は含まれません。

例:アドオン説明を選択して保存した場合

WebToPDF (8)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です