各ウェブブラウザの開発版、ベータ版、アルファ版など種類のまとめ

Google Chrome、Mozilla Firefox、Operaの正式版、ベータ版、アルファ2版、アルファ1版を一覧です。

binary-208216_640

スポンサーリンク

ウェブブラウザの種類

ウェブページを閲覧する際に利用するウェブブラウザは、各社から様々の種類が公開されています。

  • Windows標準搭載で、圧倒的な知名度を誇る「Internet Explorer」
  • 検索エンジン最王手「Google」が開発する「Google Chrome」
  • 高いカスタマイズ性と豊富な機能をもつ「Mozilla Firefox」
  • IEを凌ぐ長い歴史をもつ「Opera」

など挙げればキリがありません。


ウェブブラウザの開発バージョンの種類

各ウェブブラウザはそれぞれ開発バージョンに応じた、開発版、ベータ版、アルファ版などが存在します。

安定版

一般に広く公開され、通常の利用者が使用するバージョンです。

最も安定していますが、最新機能には対応していません。正式版とも呼ばれます。

ベータ版

評価版、試用版などとも呼ばれるテストバージョンです。

安定版公開前に利用者のテスト用に公開されるため、だいたい安定しています。

日常利用に耐えるレベルです。

アルファ版

開発者向けの新機能などの実験バージョンです。

新機能の実験などに使用される開発者向けの安定性を無視したバージョンです。

日常使用には向きませんが、最新機能やFirefoxの64bit版などこれにしかない機能が備わっています。


各ウェブブラウザの開発バージョンの名称

 正式版ベータ版アルファ2版アルファ1版
Internet ExplorerInternet ExplorerInternet Explorer ベータ版Internet Explorer Developer ChannelInternet Explorer Platform Preview版
Google ChromeChromeChrome ベータ版Chrome DevChrome Canary
Mozilla FirefoxFirefoxFirefox BetaFirefox AuroraFirefox Nightly
OperaOpera (Snapshot)Opera NextOpera Developerなし
安定度
(機能)
高い(低い)低い(高い)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です